このようなことでお悩みではないですか?

「 自分の病気が改善しない、治療効果が頭打ちだ 」
「 自分の病気の本当の原因を知りたい 」
「 薬の副作用に苦しんでいる 」
「 サプリメントを摂っても効いている気がしない 」

宮澤医院 根本治療外来では、病気の本当の原因を探し出し、それに対する根本治療を提案しています。

慢性疾患 知られていない7つの原因

本当の原因その1 副腎疲労

(ストレスや他の病気が原因になることも)

副腎疲労は、ストレスをはじめとした様々な要因で副腎機能が低下し、副腎ホルモンが出なくなる病態です。

うつ、ひどい疲労、無気力、低血圧、立ちくらみからはじまり、重症になると1日中ベットで過ごすようになります。

b (1)

36歳 女性 うつ病、不安神経症、ひきこもり

本当の原因は副腎疲労腸内環境の悪化だった

治療後、8か月で海外旅行に行けるまでに

詳細はこちら→

本当の原因その2 隠れた感染症

(ウイルス、細菌、真菌の過剰増殖)

画像の説明

28歳 男性 慢性疲労症候群

本当の原因はマイコプラズマ感染症だった

治療後、1年で復職

詳細はこちら→

画像の説明

44歳 女性 関節リウマチ

本当の原因は、歯の根の感染だった

抗生剤治療後、8か月でこわばりの改善

本当の原因その3 重金属の蓄積

(鉛、水銀、アルミニウムやカドミウムなど)

水銀や鉛、カドミウムなどの有害重金属は今や身の回りにあふれ、その影響を完全に避けることはできません。

水銀の流入経路トップ3は歯科アマルガム、魚、ワクチンです。
水銀に暴露した際の症状は多岐にわたります。

特に、アレルギー、リウマチなどの自己免疫疾患、首から上の神経症状に強く関係します。

一番多く見られる症状は疲労感と集中力、および短期記憶力の低下です。

画像の説明

43才 女性 副腎疲労症候群

本当の原因は歯の金属の詰め物だった

金属除去、キレーション治療、

腸内環境改善後に驚異的な回復

画像の説明

53歳 女性 乳がん

本当の原因は歯科アマルガムだった

アマルガム除去、キレーション治療にて

腫瘍、リンパ節共に縮小

歯科アマルガムについては、こちら

本当の原因その4 消化不良

(胃酸分泌不良、消化酵素分泌不全、腸内フローラ不全)

消化、吸収不良

多くの人が胃酸抑制剤を使用していますが、実際に胃酸量が多すぎる日本人は殆どいません。

欧米人に比べ、日本人は胃酸、消化酵素ともに不足気味です。

胃酸が不足すると胸焼け、食後の空腹感、腹部ぼうまん感、慢性の便秘が生じます。

腸管への有毒物質の蓄積

乳酸菌は腸内悪玉菌を駆逐する自然な抗生物質として働き、カンジタの異常増殖を抑えます。

また、ビタミンB、Kを作り出し、腸管の修復剤であるブチル酸を作り出します。

腸の規則的な運動も個々から生まれます。
頑固な便秘の方の便検査では、乳酸菌が殆ど検出されません。

画像の説明

40歳 女性 不妊症と強迫性障害

本当の原因は重金属の蓄積腸内環境の悪化だった。

腸内環境改善、重金属解毒後、1か月で妊娠

本当の原因その5 ホルモンバランス異常

(通常の検査では検出できない甲状腺機能異常、女性ホルモン異常)

画像の説明

38歳 女性 うつ病、甲状腺機能低下症

本当の原因はホルモンバランス異常だった

ホルモン調整により体調改善

本当の原因その6 低血糖症

(糖質摂取、インスリン過剰分泌、ホルモン分泌不全)

低血糖症

血糖値が不安定になるため、うつ、不安などの精神症状と、動悸、冷や汗などの自律神経症状が出ます。

インスリンの出すぎによるものなのか、副腎疲労などの血糖値を保つシステムが悪くなっているのかの見極めが必要です。

画像の説明

24歳 女性 昼夜逆転、概日リズム障害

本当の原因は低血糖症カンジタ感染症だった

治療直後から良好な経過

本当の原因その7 カンジタ症

(抗生剤、ステロイド、砂糖、ストレス)

カンジタは常在菌(誰でも持っている菌です)ですが、菌の量が多くなりすぎると、様々な害を及ぼします。

うつ、疲労感、そして体各部の痛みを引き起こします。

画像の説明

50歳 女性 慢性疲労症候群

本当の原因はカンジタ感染症だった

カンジタ治療により20年ぶりに睡眠薬が不要になった

その他のよくある原因

栄養バランス不全

主に検査の項目不足基準値設定があまいため、栄養バランス不全は通常の健康診断で指摘されることは殆どありません。
有月経女性と成長期の鉄不足が典型例です。

また、ビタミン、ミネラルを大量に補うことで遺伝的に体内の代謝の弱い部分を補うことが出来ます。
特に精神疾患で治療効果が顕著です。

肝臓の消耗、疲弊

食物アレルギー、肥満、乾燥肌、低血糖症、吐き気などの症状が出ます。

肝臓はたんぱく質、グリコーゲンなどの産生にかかわる一方で、デトックスにも関わる、文字通り肝心な臓器です。

食物アレルギー

じんましんや喘息だけではありません。関節炎や頭痛、疲労から精神疾患に至るまでアレルギーは様々な症状を引き起こします。

遅延型アレルギー検査という精密検査をすることで、通常はわからないアレルギーを見つけ出すことが可能です。

殆どの人が検査、問診を充分にされていない、このような隠れた根本原因を見つけることが治療のための第一歩です。

血液、尿、唾液など生体から得られる情報と十分な問診をもとに、治療を行っています。

標準的な治療以外にサプリメント、天然ホルモンを用いた栄養療法、食事指導、腸内環境正常化、デトックス治療を重点的に行っています

病気を根本から治療するのにあたって正確な診断が必要です。
そのために当院では様々な方法をとっています。

「未来の医者は薬を使わなくなるだろう。患者を人間として扱い、食事を診て、病気の原因と予防を探るようになるだろう」

トマス・エジソン

「まずは正しく診断をすることがなによりも重要です。
 それによって、標的を定めた治療が可能になるし、
 治療期間の目安がわかります。
 それが、結局は時間とお金の無駄遣いを防ぎます。 」

ニュージーランドの自然療法医、Corene Humphereys

お問合せはこちらから⇒


慢性疾患本当の原因ビデオセミナー
詳細はこちら⇒