56歳男性 関節リウマチ、掌蹠膿疱症

 経過

関節リウマチ

2013年9月ごろから左ひざに強い痛みが継続的に感じられるようになり、近隣の整形外科で治療中。
現在「リマチル錠100mg」と「アザルフィジンEN錠250mg」を服用中。痛みは治まっている。

掌蹠膿疱症

10年以上ステロイド剤を塗布しており、その影響も懸念している。

検査

毛髪ミネラル解析

水銀の高度蓄積があり、免疫低下およびミネラルバランス不全の原因となっている。

便総合検査

乳酸菌など善玉菌が少なく、ディスバイオーシスの状態。
腸管に強い炎症があり、免疫かく乱を起こしている。
また、皮膚だけでなく、腸管にもIgA上昇を認めた。

治療

腸内環境改善
局所の炎症軽減およびデトックス治療

6か月後
関節痛軽減(殆どでなくなった)
ステロイド使用量大分減った
手、足の爪もよくなった

解説

ビオチンは腸内で産生されるビタミンです。
ビオチン療法にて効果が乏しい場合、腸内環境を調べてみることが功を奏する場合があります。

治療にステロイドが使われる疾患は、なんらかの免疫亢進状態を伴っていることも多いです。

そのような場合、腸内環境の悪化や、化学物質、重金属の体内蓄積が免疫攪乱を引き起こしている事があります。


 自分の病気が改善しない、治療効果が頭打ちだ
 自分の病気の本当の原因を知りたい
 薬の副作用に苦しんでいる
 サプリメントを摂っても効いている気がしない
宮澤医院根本治療外来では、そのような方々の病気の本当の原因を探し出し、それに対する根本治療を提案しています。

受診案内はこちら

スタッフを募集しております。詳細はこちら


記事の購読登録はこちら
5,000人以上の分子栄養学コミュニティに参加しませんか?
疾患の根本原因を探る最新の記事をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする