アトピー性皮膚炎と副腎疲労

最近、アトピー性皮膚炎の患者さんからの下記のようなご相談を多く頂きます。

「 アトピーの治療を○○年しているが、一向によくならなりません。
そんなときに、副腎疲労の事を知りました。

朝が起きられず、非常に疲れやすく、立ちくらみがします。
私の今の症状は、副腎疲労の本やサイトに書いてあるとおりです。
私の治らないアトピーの根本原因は「副腎疲労」にあるのではないでしょうか? 」

アトピー性皮膚炎の原因は多岐にわたりますが、大きくは皮膚と内臓の問題に分けられます。

食物アレルゲンの摂取や腸内環境異常、ヒスタミンの遊離などの内的なものと、皮膚のバリア機能の低下という外的なものです。

バリア機能の低下は体の外からの異物の侵入を許すため、感染、炎症を引き起こします。

ステロイドを使用する事で、炎症は治まりますが、それは根本治療ではありません。

バリア機能低下に伴う諸問題を先送りにしているだけです。
そこで、原因に向き合う治療と言うことで、脱ステロイドを試みているかたが増えています。皮膚が免疫機能を取り戻し、異物を排除、炎症反応が起こります。それに丁寧なスキンケアをしていくことで対処していきます。

この脱ステロイドがうまくいくかどうかのカギは2つあります。

1つはスキンケア、もう1つは副腎疲労に対するケアです。

長年のステロイドによって、副腎も萎縮している場合があります。これは、薬を飲んでいる場合だけでなく塗り薬だけを使っている場合でもあり得ます。

アトピーの脱ステロイドは、皮膚だけでなく、副腎不全の症状が出てしまいます。さすがに、これには耐えられる人はそう多くありません。脱ステロイドをはじめたら、ベッドの上から動けなくなったという話もよく聞きます。
「アトピーはストレスで悪化する」といいますが、副腎機能が低下しているために、ストレスへの耐性が弱くなっているのが原因であろうと私は考えています。

アトピーで脱ステロイドをして、根本治療をするなら、まずは副腎疲労をある程度治療してからにすることをお奨めします。


 自分の病気が改善しない、治療効果が頭打ちだ
 自分の病気の本当の原因を知りたい
 薬の副作用に苦しんでいる
 サプリメントを摂っても効いている気がしない
宮澤医院根本治療外来では、そのような方々の病気の本当の原因を探し出し、それに対する根本治療を提案しています。

受診案内はこちら

スタッフを募集しております。詳細はこちら

記事の購読登録はこちら

5,000人以上の分子栄養学コミュニティに参加しませんか?
疾患の根本原因を探る最新の記事をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする