副腎とは

副腎という臓器をご存知ですか?

心臓や胃に比べて初めて耳にする方も多いと思います。あまり知られていないとても小さな臓器ですが、わたし達の身体にとってとても大切な役割を果たしています。

副腎は左右の腎臓の上に1つずつある小さな臓器で、ホルモンを分泌することが仕事です。

副腎が疲弊することによってホルモンが分泌されなくなることで副腎疲労という様々な不調が起こる病気を引き起こします

そもそも副腎とはどんな働きをしているのか、ここでは副腎の基本的な情報をお伝えします。

副腎はホルモン産生臓器です

副腎は左右の腎臓の上に1つずつある、直径3cm、重さ5gほど小さな臓器です。

ピラミッド型の臓器で、コレステロールを原料にしてストレスを打ち消すホルモンであるコルチゾールや、集中力を高める時などに有効なノルアドレナリン等を分泌しています。

副腎で作られるこれらのホルモンは、例えば下記の用途に使われています。

・活動のためのエネルギー作り
・抗ストレス
・抗炎症作用、免疫抑制作用
・血圧や血糖値の上昇
・筋肉を作ったり、脂肪を燃やす

とても小さな臓器ですが、わたし達が生きる上で非常に重要な役割を担っているのです。

この副腎が正常に働かなくなると、私たちの体はどうなるのでしょうか?

詳しくはこちら(副腎疲労とは)をご覧ください。

副腎から分泌される様々なホルモンとその働き

副腎はホルモンを分泌する内分泌系の臓器です。

副腎は下記の図のように二重構造になっていて、それぞれ副腎皮質と副腎髄質と言います。

それぞれに分泌されるホルモンや役割が異なります。

副腎皮質から分泌されるホルモン

副腎皮質からは3種類の副腎皮質ホルモンが分泌されます。

①コルチゾール

3種ある糖質コルチコイド中で最も生体内量が多いのがコルチゾールです。

コルチゾールの主だった働きは下記の3点になります。

(1)血圧・体温・心拍の上昇

人間はストレスを感じるとすぐにコルチゾールを分泌し、交感神経に働きかけ血圧・体温・心拍を上昇させ、脳を覚醒させます。これは、人々がまだ森で暮らしていた時代に、熊などの動物に遭遇してしまった時など身の危険を察した時にすぐに行動できるために備わったものだと言われています。

(2)抗炎症作用、免疫抑制作用

例えば

「長期休み前に仕事を片付けておきたくて、少々無理をしていた。長期休みに入った途端、風邪をひいてしまった。」という経験はありませんか?

これは、仕事のストレスでコルチゾールが多く分泌されていたことにより抗炎症作用が促進され、風邪のウイルスや喉の痛みなどの症状が抑えられていたと考えいると同時に、免疫抑制作用でウイルスは体外に排泄されていない状態と考えられます。

そして休みに入ったことでストレスから解放されると、コルチゾールの分泌も戻ったため風邪の症状が出てきたのでしょう。

(3)血糖値の維持

飢餓状態などでエネルギーが不足しているときに、血糖値を上げるためにコルチゾールが働きます。その作用によって糖新生が起こり生体を維持します。

糖新生とは、ブドウ糖以外のアミノ酸や脂質を利用して糖質を作り出し、血糖値を保つためのしくみです。

副腎疲労などでコルチゾールが正常に分泌されないと、糖新生が出来なくなるため低血糖症状が起きやすくなります。

詳しくはこちらをご覧ください。 (低血糖症と副腎疲労

②アルドステロン

体内のナトリウムを取り入れて、カリウムを排出することにより体液の浸透圧調節を行います。

これにより血圧を上昇させます。

③アンドロゲン

アンドロゲンは、テストステロンなどを含む男性ホルモンの総称です。

代謝の促進、筋肉の生成、細胞を活性化などに使われます。

副腎髄質から分泌されるホルモン

副腎髄質からは2種類の副腎髄質ホルモンが分泌されます。

神経伝達物質として働きます。この2つのホルモンのバランスが崩れることで精神不安やうつ症状が出ることがあります。

 

①アドレナリン

不安・緊張・怒り・興奮・恐怖などといったストレスによって分泌され、交感神経に素早く作用し心拍数や血圧を上昇させます。それにより危機的な状況に心身を対応させます。

緊張や不安で心臓がドキドキして、冷や汗をかくこともアドレナリン反応です。

血糖値が上昇する作用もあり、興奮している時や緊張している時に空腹を感じないのはこのためです。

アドレナリンが分泌されにくくなると集中力の低下が起こります。 

②ノルアドレナリン

アドレナリンと同じようにストレスにより分泌されるホルモンです。

ノルアドレナリンはアドレナリンの元(前駆物質)です。

アドレナリンが心拍数や血圧を上昇されて身体がストレスに対抗できるようにするのに対して、ノルアドレナリンは、脳の神経伝達物質として集中力を高めること等に使われます。


副腎疲労の代表的な症状を下記にまとめていますので、こちらもご覧ください。

副腎疲労の代表的な症状チェック
下記は副腎疲労の代表的な症状です。あなたは何個当てはまりましたか? 当てはまるものが多いほど、副腎疲労症候群の可能性があります...

 自分の病気が改善しない、治療効果が頭打ちだ
 自分の病気の本当の原因を知りたい
 薬の副作用に苦しんでいる
 サプリメントを摂っても効いている気がしない
宮澤医院根本治療外来では、そのような方々の病気の本当の原因を探し出し、それに対する根本治療を提案しています。

受診案内はこちら

スタッフを募集しております。詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする