慢性疲労症候群

慢性疲労症候群とは

中等度以上の疲労が6か月以上の長期間にわたって続く疾患です。風邪や気管支炎、関節炎などの微熱、感染症状をきっかけにして、いつまでも長引いた症状が典型的です。

以上の事から、慢性疲労症候群は感染が長引いている状態といえます。免疫に何かしらの異常が起きて、感染源を完全に排除できていないのです。

筋痛性脳脊髄炎とのかかわり

慢性疲労症候群はChoronic Fatigue Syndrome、略してCFSといわれてますが、アメリカやカナダ、オーストラリアなど世界的にはME/CFSとして名が通っています。

つまり、慢性疲労症候群は筋痛性脳脊髄炎と一緒に扱われています。
筋痛性脳脊髄炎の原因もやはり感染症が有力です。

感染症の一つの原因菌としてマイコプラズマがあり、臨床医のための臨床症例定義とガイドライン(カナダの合意文書)では、マイコプラズマの診断と抗菌剤治療が組み込まれています。

感染症との関わり

微熱、関節痛などの症状がある場合も多く、この疾患は感染症の要素が多分に絡んでいます。

感染症の検査(マイコプラズマやヘルペス、サイトメガロなどのウイルスも含む)をする事が最も重要だと考えています。

結果が陽性に出れば、感染源に応じた治療を行います。
当院では慢性疲労症候群の患者様の半数以上に症状軽減効果がみられています。

また、通常は免疫によって排除されるべき細菌が残っているため、免疫の正常化アプローチも併用するべきと考えています。

実際の症例はこちら


 自分の病気が改善しない、治療効果が頭打ちだ
 自分の病気の本当の原因を知りたい
 薬の副作用に苦しんでいる
 サプリメントを摂っても効いている気がしない
宮澤医院根本治療外来では、そのような方々の病気の本当の原因を探し出し、それに対する根本治療を提案しています。

受診案内はこちら

スタッフを募集しております。詳細はこちら

記事の購読登録はこちら

5,000人以上の分子栄養学コミュニティに参加しませんか?
疾患の根本原因を探る最新の記事をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする