カンジタ(カンジダ)除菌中の食事療法で避けるべき食品と食べてよい食品の見極め方

カンジタ(カンジダ)除菌中の方の食事療法は制限食品が多いため、難易度が高く感じてしまい、「何を食べたらいいのかがわからない・・・」というお声を患者さんからいただくことがありました。管理栄養士をしている私自身も、悩んでしまうカンジタ除菌中の食事指導。

食べ物には良い面悪い面の両方があります。そこを考慮しながら、カンジタ菌(カンジダ菌)にとっては「何が良くない食品」で「何が食べても問題のない食品」なのかを患者様が理解し、それを実践できるようにお手伝いをしていきたいと思います。

あなたの食事を決めるのは、私ではなく、ご本人です。決して完璧を求める必要はありません。今のカンジダ菌による症状が良くなることを目標に取り組んでいっていただければと思います。

この記事ではなるべく、皆さんにとってわかりやすい内容でカンジタ除菌中の食事法についてご紹介していきます。

カンジタ菌(カンジダ菌)とは

カンジタ菌は酵母菌(イースト菌)の仲間で、本来私たちの口腔内や腸内に住んでいる常在菌です。カンジタ菌は通常であれば悪さはしないものの、過度のストレスによる免疫力の低下・抗生剤の服用・腸内環境の悪化などを引き金に、全身で増殖して、これから解説する病気や不定愁訴の原因となることがあります。

口腔カンジタ・皮膚カンジタ・膣カンジタと感染する体の部位によって呼び名がありますが、増殖すると全身に悪影響を及ぼす菌となります。

カンジタ菌チェック
下記に当てはまる方は、カンジタ菌が優位になっている可能性が高いです。

□甘いものを食べたいという欲求が止まらない
□甘いもの・砂糖の多い食品を摂っている
□作り置きした料理を食べることが多い(前日の残り物など)
□食後に低血糖症状(頭がはたらかない、ぼーっとする、気分    の変調)が起こる
□皮膚に原因不明の痒みがある
□食後に眠気がおこる
□やる気が起こらず、疲労感も抜けない
□過去に水虫や膣カンジタになったことがある
□腹部膨満感や、ガスが溜まる感じがある
□便秘や下痢、便の形が不安定などお通じに関する問題がある

カンジタ菌(カンジダ菌)が引き起こす病

甘いものへの渇望と低血糖症

カンジタ菌は糖質を栄養源とするため、食べても食べてもカンジタ菌に糖を奪われ、甘いものをより一層食べたくなるという人が多くいます。その甘いものへの誘惑を断ち切れず、糖質の多い食品を食べてしまうと、低血糖症状を起こすことがあります。

低血糖の症状としては下記になります。
・頭に霧がかかったようになる、思考の停止
・ぼーっとして集中力がない
・食後の眠気
・イライラ、不安感や恐怖感、うつのような症状
・手の震え

腸内環境の悪化と免疫力の低下

カンジタ菌の問題点は、腸内の悪玉菌を優位にしてしまうことです。腸には善玉菌・日和見菌・悪玉菌が住み着いていて、腸内フローラを形成しています。

抗生剤の長期服用やカンジタ菌の好む砂糖の多い食事を摂り続けると、カンジタ菌が腸内で増殖します。そうなると、普段おとなしい日和見菌が、悪玉菌とタッグを組んで腸内を荒らし始めます。

この腸内環境の悪化により、食べたもの(主に肉などのたんぱく質)が腸内で異常発酵し、毒素を出したり腸の粘膜に傷をつけたりします。この毒素がガス・便秘のもとです。

腸の粘膜に傷がついてしまうと、「アレルギー物質」や「有害物質」などが容易に腸粘膜より通過してしまい、血液を通り体内に有害物質が侵入してしまうのです。

体内の細胞や組織でこれらの有害物質が異物として認識されると、免疫細胞が自分自身の細胞・組織を過剰に攻撃してしまう「アレルギー反応」や「自己免疫疾患」がおこります。

自己免疫疾患は、様々な病気があります。

例えば、アトピーや花粉症などのアレルギー体質から関節リウマチ・膠原病・バセドウ病・潰瘍性大腸炎などの原因不明といわれるような疾患があります。

自己免疫疾患の治療薬でステロイドを投与することがありますが、ステロイドによってさらに免疫力が低下してしまい、カンジタ菌を増やしてしまうこともあります。

では、カンジタ菌を増やしてしまう食事をみてみましょう。

カンジタ菌(カンジダ菌)を増やす食事

~初級編~

基本的な考え方としては
① 精製された糖質・砂糖が含まれる食品
② お酒
③ カビを含む食品
④ 加工食品、加工肉
⑤ グルテンとカゼインの含まれる食品
⑥ 水銀の含まれる食品(大型魚)

甘いもの糖質を多く含むものはカンジタ菌の餌になります。
・砂糖が含まれる食品 (砂糖の記事はこちら)
・はちみつ、メープルシロップ、アガベシロップ、ココナッツシュガーなどの甘味料
・パン、麺、精製された糖質
・果物(レモンやアボカドは糖質が少ないのでOK)

※主食のお米を完全に抜いてしまうなどの厳格な糖質制限は副腎疲労を悪化させ体調を崩す原因になりますので、おすすめしておりません。しかし「砂糖」に関しては、百害あって一利なしです。

お酒
カンジタ菌は「アセトアルデヒド」を産生します。
ですからカンジタ菌の猛威にやられている人は酔っ払いと同じような「頭に霧かかった酔った状態」になってしまう人もいます。
そのカンジタ菌の生成する毒素や死骸を解毒するためには、肝機能の働きを高めておく必要があります。
アルコールは肝臓によくありません。

カビを含む食品:酵母菌と同じ菌類(カビ)は控える必要のある食品になります。
きのこ:きのこは菌そのものですので除菌期間中は控えましょう。
※ただし、レイシ・マイタケはOKです。
・ナッツ類:カシューナッツ、ピーナッツ、ピスタチオ
これらのナッツにはカビがついているものが多いため、水やレモン汁に浸して乾燥させるか、低温のオーブンで焼いたものならOKです。
・コーヒー:コーヒ豆にはカビが付いています。又カフェインもよくありません。

加工食品、加工肉
インスタント食品・レトルト食、ハムやベーコンなどの加工肉は食品添加物が多く、腸内環境を悪くします。
保存料(殺菌剤)の多い、コンビニ弁当や駅弁は控えましょう。
これらは腸内細菌層を乱します。

グルテンカゼインは腸内環境を悪くします。
グルテンを含む食品:パン、パスタ、麺、うどんなど(グルテンの記事はこちら)
カゼインを含む食品:牛乳、ヨーグルト、チーズ などの乳製品(カゼインの記事はこちら)

⑥ 水銀は大型魚に多く含まれます。特にマグロ、クジラ、サメ(フカヒレ)は控えましょう。
水銀により免疫力が低下するとカンジタ菌が増殖する原因になります

~上級編~

初級編よりステップを上げて制限を厳しくしていますが、あくまでも心にとめておく程度にしておき、量を減らすなどの工夫で十分です。上級編を完全に制限すると食事のストレスにもなりかねません。

●糖質を多く含む野菜、豆類 (適量をローテーションで)
人参、かぼちゃ、とうもろこし、じゃがいも、さつまいも
ひよこ豆、大豆、小豆、黒豆

過剰な量のお肉
「過剰」な量のお肉は、悪玉菌優位の腸内環境にし腸内を荒らします。
少量をよく噛んで食べましょう。一口30回以上噛むことを目標に!

●発酵食品:漬物やキムチなどの発酵食品(乳酸菌)を、悪玉菌が優位の状態で摂ると、悪い方向に発酵を手伝うことがあります。その逆もまた然りです。

腸内の善玉菌を増やすのに役立っていることも多くありますので、もし体調がよくなる食品があるのでしたら、必ずしも制限する必要はありません。

まずは、初級編であげた食品を基本に考えて食事を決めていただければと思います。

カンジタ菌対策で摂り入れたい食品

カンジタ菌対策に摂り入れたい食品
基本的な考え方としては
●食物繊維の豊富な食品(野菜・海藻・こんにゃく・穀物)
●解毒作用のある食品、肝機能を高める食品
●抗菌殺菌作用のある食品(スパイス・ハーブ類)
●新鮮な食品・オーガニック食品

●ほとんどの野菜(ただし糖質の多い人参やかぼちゃ、イモ類は控えめに。)
特に、食物繊維が腸の善玉菌を増やす働きがあります。
海藻:わかめ、のり、あおさ、生もずくなど
精製度の低い穀物(ただし、グルテンを含まないもの) :玄米・アマランサス・キヌアなど繊維が腸をきれいにします。食物繊維は化学物質・農薬・重金属などを取り除く働きもします。
タウリンの豊富な「牡蠣」「ホタテ」などの貝類や「タコ」「イカ」は肝機能に良い食材です。
●甘味料は「エリスリトール」の天然甘味料なら使用は可能です。(甘味料の話はこちら)
また天然オリゴ糖のひとつである「ラフィノース」であれば、腸内の善玉菌の栄養源となるため、腸内環境が良くなってきた時に少量でしたら摂り入れて問題はありません。

カンジタ除菌中に起こるダイオフ(カンジタの死骸や放出される毒素・重金属による体調の悪化)対策として、「シクロデキストリン」(環状オリゴ糖)も効果的といわれています。

【注】オリゴ糖も種類により効果的なものから、効果のみられないもの、さらに糖類を添加された商品まで様々です。
ココナッツオイル
ココナッツオイルに含まれるカプリル酸、ラウリン酸には抗菌作用がありカンジタ対策にはおすすめ食品です。選び方のポイントは「オーガニック認証」を受けているブランドで「低温圧搾」で抽出した商品、「ヴァージンココナッツオイル」のものを選びましょう。
●純りんご酢
りんご酢には解毒作用があります。ただし、糖類添加のないりんごのみで作られた純りんご酢にしましょう。
香味野菜、香辛料、スパイス
ニンニク、生姜、シソ、パクチー、こしょう、唐辛子、コリアンダー、シナモン、クローブ、クミン、ターメリック、バジル、オレガノ、ローズマリー、タイム、サフラン
抗菌殺菌作用解毒作用のある香味野菜・スパイスは積極的に使用してください。

当院の治療

サプリをとってもなかなか治らないということでセカンドオピニオンで当院の栄養外来を受診される方が大変多いです。

根本原因がカンジタ菌による腸の炎症・サプリの吸収ができない腸内環境になっている方も多くおられます。もちろんカンジタ菌だけではなく、複合的に様々な要因が絡み合い、結果としてサプリメントの効果を半減させています。カンジタ菌の除去は効果的な治療を行うための一つの方法にすぎません。

今回ご紹介したカンジタ菌除去の食事法は必ずしも、万人に当てはまるものではありませんので、個々のライフスタイル・嗜好に合わせた食事指導を行っています。まずは根本原因を探ることからスタートをし、それに合わせた栄養療法が必要になっていきます。

繰り返す膣カンジタ(カンジダ)は、腸カンジタを疑え!
2004年に実施されたドイツでの研究では70%の人が腸カンジタを持っていることが判明しています。 カンジタ菌にとって腸は食料が豊富にあ...
なぜ、カンジタ(カンジダ)がこんなに手ごわいのか?
孫子の兵法「彼を知り己を知れば百戦殆からず」に従い、まずはカンジタ(カンジダ)の特徴をよく知ることから始めましょう。カンジタがどんな...
カンジタ(カンジダ)が増える5大原因
カンジタというと、膣カンジタを思い浮かべる方が多いですが、カンジタは膣だけでなく、口腔や胃腸などで増えやすい性質を持っています。 ...

http://rootcause.jp/candida/candidatx

カンジタ(カンジダ)除菌中の食事療法で避けるべき食品と食べてよい食品の見極め方
カンジタ(カンジダ)除菌中の方の食事療法は制限食品が多いため、難易度が高く感じてしまい、「何を食べたらいいのかがわからない・・・」というお声...

作成者:松本プロフィール

※本記事の内容は、医学的治療に置き換わるものではありません。個人的にお試しになり健康被害が生じても、当院では一切責任を負えませんのでご了承ください。病態の改善に必要な食事はひとりひとり異なります。宮澤医院では、詳細な診察、検査を行った結果から個別に最適なお食事をご提案しています。


 自分の病気が改善しない、治療効果が頭打ちだ
 自分の病気の本当の原因を知りたい
 薬の副作用に苦しんでいる
 サプリメントを摂っても効いている気がしない
宮澤医院根本治療外来では、そのような方々の病気の本当の原因を探し出し、それに対する根本治療を提案しています。

受診案内はこちら

スタッフを募集しております。詳細はこちら


記事の購読登録はこちら
5,000人以上の分子栄養学コミュニティに参加しませんか?
疾患の根本原因を探る最新の記事をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする