砂糖と人工甘味料の害

白い砂糖が体にとって良くないことは、何となくでもほとんどの人は既にご存知かと思います。では人工甘味料だったら、摂っても問題はないのでしょうか?砂糖や人工甘味料が及ばす影響について、今回は書いていきたいと思います。

まず初めに、砂糖についての説明をします。

砂糖とは

原料によって、甘蔗糖(かんしょ糖)・甜菜糖(てんさい糖)・やし糖(ココナッツシュガー)
色によって、白砂糖・赤砂糖・黒砂糖
加工形態によって、粉糖・角糖・氷糖
などと分類できます。

甘蔗糖(かんしょ糖)は「サトウキビ」から作られる砂糖です。一番よく使われている砂糖となります。

サトウキビの主成分であるショ糖と蜜を分けずに作られるのが、黒砂糖(黒糖)です。もう一方が、サトウキビから蜜を取り出し精製することで、「ショ糖」がメイン成分となる精製砂糖(上白糖、グラニュー糖、三温糖など)になります。

黒砂糖(黒糖)には、蜜由来の豊富なミネラル成分が含まれますが、白砂糖(上白糖、グラニュー糖)には黒砂糖のようなミネラルは含まれないです。三温糖は、白砂糖(上白糖、グラニュー糖)と比べると、微量にミネラル成分が含まれてはいるものの、ほんのわずかなミネラルの量ですから、白砂糖より体によいということは決してありません。

スーパーで見かける「きび糖」という砂糖もありますが、これは黒砂糖の不純物を少しだけとりだして、ミネラルを少し残している砂糖です。精製された白砂糖や三温糖と、精製されていない黒砂糖の中間位置的な砂糖となります。

甜菜糖(てんさい糖)はビート糖ともいわれ、「砂糖大根」を原料にして作られる砂糖です。サトウキビが原材料の甘蔗糖(かんしょ糖)と本質的には変わりはありません。サトウキビは九州や沖縄で栽培されますが、砂糖大根は主として北海道で栽培されています。

ここで、先ほどから何度も登場している砂糖の主成分「ショ糖」と糖質の種類を簡単に説明したいと思います。

糖質の分類

糖質には、「単糖類」・「二糖類」・「多糖類」があります。
「単糖類」というのは、これ以上分解ができない糖類のことで、ブドウ糖(グルコース)・果糖(フルクトース)・ガラクトースなどがあります。

砂糖の主成分「ショ糖(スクロース)」は、
単糖類であるブドウ糖(グルコース)と果糖(フルクトース)が結合した糖であり、「二糖類」の一種です。
主な二糖類は下記になります。

「二糖類」
麦芽糖(マルトース)=グルコース+グルコース →さつまいも、水あめなどに含まれる
ショ糖(スクロース)=グルコース+フルクトース →サトウキビ、てん菜などに含まれる
乳糖(ラクトース) =グルコース+ガラクトース →牛乳に含まれる

また、「多糖類」には、お米やイモ類がありデンプンともいわれます。これらの食品は、ブドウ糖(グルコース)がいくつも繋がって構成されており、単純な構成である単糖類や二糖類と比べて、消化されるのに時間がかかるという特徴があります。

では、砂糖はどうして体に良くないと言われるのでしょうか。

砂糖の害

低血糖症の問題

砂糖を摂ると、体内では消化酵素が働き、ブドウ糖(グルコース)と果糖(フルクトース)に分解されます。この最小単位あるブドウ糖(グルコース)と果糖(フルクトース)にまで分解されたのち、小腸で吸収されたブドウ糖(グルコース)により、血糖値が上がります。

砂糖の場合は、お米やイモ類のような多糖類と比べると、分解・吸収速度が早く、急激な血糖値上昇がおこります。

なぜ、急激な血糖値上昇が体にとってよくないのでしょうか。

それはインスリンという血糖値を下げるホルモンとの関係にあります。インスリンは食事スタート時よりも、一歩おくれて分泌される特徴があります。

お米などの多糖類のように、分解されるのに時間がかかる食品であれば、通常のインスリン分泌のタイミングで間に合います。

しかし、ブドウ糖入りのジュース、白砂糖のように吸収速度の速い食品では、インスリン分泌が間に合いません。

すると、急激に血糖値が上がってしまうのです。

さらに、遅れて分泌されてしまったインスリンの影響で、今度は血糖値が下がりすぎてしまい、低血糖の症状として体調が悪くなってしまう人もいます。

低血糖症の症状では、頭がぼーっとすることで集中力の低下、頭痛、眠気などがおこります。ひどい場合は、意識がもうろうとして倒れてしまうことさえあります。

精神面への影響

砂糖のような精製された糖質を過剰に摂ると、イライラやキレやすくなる、うつ傾向や不安感などの精神面での症状が出てしまうことがあります。これらの精神面への影響も、先ほどお話しした低血糖が関係しています。

血糖値が下がりすぎると、今度は血糖値を上げるために、アドレナリンやノルアドレナリンというホルモンが分泌されます。

アドレナリンは興奮作用があり、過剰の場合はイライラ感やキレやすくなることもあります。また、ノルアドレナリンの過剰は不安感や恐怖感というような問題が生じます。こうした現代の精製された砂糖の普及が、キレやすい子供を増やしていると警鐘を鳴らす専門家もいます。

うつ病で治療している人の中でも、実はうつ病ではなく、精製された砂糖の過剰摂取による低血糖症が精神疾患の原因だったという人は少なくはありません。こうした人は、精製された砂糖をやめるだけで、症状が落ち着いていきます。

肥満や糖尿病の問題

砂糖と肥満の関係に関しても、インスリンというホルモンが影響しています。

人間は血糖値が下がると、血糖値を上げるために、空腹を感じる仕組みとなっています。

砂糖を摂取後、高血糖となり、その後インスリンが働き血糖値が低下します。

すると、空腹を感じて、手っ取り早く甘い物を食べてしまい、再び急激な血糖値上昇と低下の乱高下が繰り返されて、食欲の無限ループが続いてしまいます。これが、砂糖を沢山摂ることで、過食傾向となる理由です。

また、インスリンは脂肪を体内にため込む働きがありますので、インスリン分泌が過剰になるような食生活では肥満へ一直線です。

脂肪を体内にため込むインスリンの影響で内臓脂肪が増えてくると、「インスリン抵抗性」といってインスリンが効きにくい体になってしまうのです。

こうなってしまうと、通常のインスリン量では、血糖値は下がらなくなりますから、インスリンを分泌している臓器である膵臓(すい臓)がインスリンを沢山分泌しようと酷使されていきます。

このまま、インスリンが過剰に出るような食生活を続けていくと、膵臓(すい臓)が疲れきってしまい、今度はインスリンが出にくくなる糖尿病(2型糖尿病)になってしまいます。

※健康な人の血糖値についての補足
・通常、空腹時の血糖値は90mg/dl前後で維持しています。(70mg/dl以下なると低血糖の症状があらわれます。)
・食後血糖値140mg/dlを超えないようになっています。(これを超えてくると糖尿病や糖尿病の境界型)
・食後血糖値のピークは30分~60分後くらいです。
・食後2~3時間で正常値の血糖値に戻ります。

腸内環境の悪化

砂糖は腸内環境を荒らす原因になります。なぜならば、悪玉菌の好物が砂糖だからです。

腸内の悪玉菌が優位になることで、腸内の異常発酵(腐敗した肉などのたんぱく質をもとに、腸内微生物によって毒素が産生される)が繰り返されていき、より一層、腸内に「カビ」や「悪玉菌」が増えるというような悪循環になっていきます。

この「カビ」の代表格が、「カンジタ菌」です。砂糖などの糖質を餌に増殖します。

このカンジタ菌は誰にでも住み着いている常在菌なのですが、増えすぎてしまうと厄介なことが体内で起こります。
カンジタ菌の増殖で起こる不定愁訴が下記です。
・頭に霧がかかったようになり、集中力の低下をまねく
・腸内環境の悪化、便秘や下痢
・異常な眠気やだるさ、食後の眠気
・甘い物の過食
・アトピーや皮膚の疾患、その他アレルギー

カンジタ菌が一度体内で増えてしまうと中々減るのが容易ではなく、さらに甘いものへの欲求がやまず、糖質をふんだんに食べてしまうことで、さらなるカンジタ菌の増殖につながるという悪循環におちいるのです。

そして、腸内環境が荒れてしまうことで、免疫力の低下やアレルギーを引き起こすこともあります。腸には、有害物質を体内に入れないようにバリア機能の働きがあるのですが、カンジタ菌などの悪玉菌の影響で、そのバリアが壊れ、アレルギー物質や有害物質が、血液を通り全身に運ばれてしまいます。すると、体内で異物と認識することで様々なアレルギー反応が起こってしまいます。

ニキビや肌荒れ

先ほどの腸内環境悪化のところでも触れましたが、悪玉菌優位の腸内環境では、腸内で異常発酵が起こり、毒素がたまることから便秘やニキビ・肌荒れを引き起こします。

またそれ以外にも、砂糖のような糖質の過剰摂取では、ビタミンB1が大量に消費されてしまいます。ビタミンB群は皮膚の新陳代謝に関わる栄養素で、不足するとターンオーバーがスムーズにいかなくなるばかりか、疲れやすくなるなどの問題も出てきます。

骨や歯への影響

砂糖のような酸性食品を多く摂取すると、体内では中和しようととアルカリ性である「カルシウム」が骨や歯から溶け出してしまいます。すると骨や歯が弱くなり、骨粗しょう症や虫歯の原因となります。

※特に下記の疾患や症状がある人は、砂糖を控えましょう。
・副腎疲労の人(※精製した砂糖は控えるべきですが、お米や野菜・イモ類は摂りましょう→詳しくはこちら副腎疲労の食事治療)
・低血糖症や糖尿病の人
・カンジタ菌が増殖・腸内環境の悪い人
・イライラや不安感、精神疾患のある人
・ニキビや肌荒れ
・アトピー性皮膚炎や花粉症、アレルギーの体質の人
・虫歯
・骨粗しょう症

では、血糖値を上げないと謳っている人工甘味料ならいいのでは?と思われた、そこのあなた。
次に人工甘味料についてもお話しさせていただきます。

人工甘味料について

人工甘味料とは、人工的に合成された甘味料のことをいいます。砂糖よりも甘味が強く、少量で強い甘さを出すことができるため、清涼飲料や炭酸飲料、ガムなどに多く使われています。白砂糖の代替甘味料として、スーパーの砂糖売り場でも手にいれることができます。
代表的なものでは、「アスパルテーム」というアミノ酸(アスパラギン酸とフェニルアラニン)から作られたカロリーゼロの人工甘味料があります。

驚くことに、砂糖の200倍の甘さがあるそうです。最近では「特定保健食品(トクホ)」にも入っていたりと、血糖値を上げないので、魅力的に感じ購入されている人もおられるかと思います。

他には、アセスルファムカリウムやスクラロースという人工甘味料も有名です。

これらの人工甘味料は、強い甘味に舌が慣れてしまう事で甘味を感知する感覚が衰えて、ますます甘いものを食べすぎてしまうことがあります。人工甘味料は甘いものへの依存性が大変恐ろしいのです。

ダイエット目的で人工甘味料を使っているのに、脳や舌が麻痺してしまい、結局別の食品で甘いものを食べ、結果として太っていく人もいます。

また、カロリーゼロの人工甘味料を摂っているはずなのに、血糖値が上がるという不思議な現象がおこります。

強い甘味である人工甘味料を摂ると、脳では糖質を摂ったものだと錯覚をおこしてしまい、血糖値を上げようとします。

人間にはもともと肝臓にグリコーゲンという糖質(ブドウ糖)のストックがあるのですが、血糖値を上げるときには、肝臓のストックを分解してブドウ糖を作り出します。この働きを「糖新生」というのですが、糖新生をするためには、副腎から出るコルチゾールやノルアドレナリンというホルモンが必要になってきます。

これらのホルモンを分泌するために、副腎が働きますから、人工甘味料の摂りすぎも、副腎を疲弊させてしまう原因になります。副腎疲労の食事についてはこちらもご覧ください。(副腎疲労の食事治療)

人工甘味料の発がん性などの安全性に対して是非を問う意見が様々あります。

「アスパルテーム」に関していえば、脳神経に対する強い興奮作用があることが分かっています。

アスパルテームを構成するアミノ酸の「フェニルアラニン」は、ドーパミンという興奮作用のある神経伝達物質を作り出します。これにより、うつ症状や認知症などの脳機能の低下につながる恐れがあります。

また自閉症のお子さんの場合にはアスパルテームを構成するもう一方のアミノ酸「アスパラギン酸」が大きな問題にもなります。詳しくはこちらの記事もご覧ください。(発達障害のお子様の食事

ダイエットや健康ブームにより、人工甘味料入りの健康飲料などが普及していますが、まったく健康とは程遠い飲料になっているということを覚えておいてください。

それでは、砂糖と人工甘味料を避けるために、どのような食品に気を付けるべきなのか、ご紹介いたします。

砂糖・人工甘味料入りの食品

・市販のおかし、スイーツ全般
・加工食品全般(ハンバーグなどのソース、甘い味付けの調理済食品など)
・お惣菜(特に、酢の物や和え物、煮物、照り焼きなど)
・清涼飲料水、スポーツドリンク、栄養ドリンク
・市販のタレ(焼肉・生姜焼き・すき焼きのタレ)
・市販のドレッシング、ソース、ケチャップ、みりん風調味料などの調味料

基本的に、外食には砂糖が沢山使われていると思って間違いないでしょう。
レトルトなどは、裏の成分表示を必ず確認して選ぶようにしてください。

精製飲料水やドレッシングに「果糖ブドウ糖液糖」「ブドウ糖果糖液糖」などと表示はないでしょうか。「果糖ブドウ糖液糖」「ブドウ糖果糖液糖」はものすごく吸収が早いため、危険な糖類です。また飲料ですと、知らず知らずのうちに飲みすぎてしまっていることもよくあります。ですから、水分補給は水かノンカフェインのハーブティーなどで摂取しましょう。

残業続きでお疲れ気味の方、お仕事のもうひと踏ん張りに、「栄養ドリンク」や「エナジードリンク」を飲まれる方は多いのではないでしょうか。

そのビタミンやタウリン入りの栄養ドリンクにも、飲みやすくする為に糖類・人工甘味料が入っていますので、要注意です。

もし、ビタミンやタウリンを摂るのであれば、ドリンクタイプではなく、サプリメントでさらに品質の良いものから選ぶようにしましょう。

「みりん風調味料」には水あめやブドウ糖果糖液糖などの糖類が含まれています。ですので、かならず「純本みりん」を選ぶようにしましょう。

煮物や酢の物など健康に良さそうな和食にも砂糖は使われていることが多いです。そのため、砂糖を完璧にゼロにすることよりも、減らすこと・代替品にすることを目指しましょう。
できる限り、ご自身で調理していただきたいのですが、そうは言っても、お仕事や育児などで忙しい人は自分で調理なんて大変ですよね。

その場合は、下記のように選び方に気を付けていただければと思います。

外食での選ぶときのポイント
・やきとり→タレではなく塩にしてみる
・魚やお肉料理→甘い味噌煮・照り焼き・すき焼きではなく、塩焼き・麹や出汁で素材の味を生かしている味付けの料理を選んでみる
・しゃぶしゃぶ→ ゴマダレは使わないで、出汁と柚子胡椒などで食べてみる
・主食→酢飯、味付きごはんは砂糖が入っている可能性があるため、白米にしてみる
・デザート→ケーキ・お饅頭・アイスではなく、季節のフルーツにする

ほんの少し確認をして選び方に気を付けるだけで、外食であっても砂糖の量は減らせます。

砂糖の代用品には

※カンジタ除菌中の人は、精製有無に関わらず、下記の糖質(炭水化物)の多い食品自体がNGとなりますので、カンジタ除菌中の食事療法をご覧ください。(こちら)

もし調理可能な方であれば、砂糖の代用品として、
是非、「ラカント」という天然の甘味料を使用してお料理をしてみてください。

先ほどお話した人工甘味料とは別に、天然由来でできた甘味料もあります。

「ラカント」というのは商品名になるのですが、「羅漢果(ラカンカ)」というウリ科の果実から抽出した甘味成分と「エリスリトール」というトウモロコシなどを発酵することで得られる甘味成分からできた天然甘味料になります。(液体タイプは保存料が入っていますので、余分なものが入っていない顆粒タイプの方が良いでしょう。)

他は、天然オリゴ糖のひとつである「ラフィノース」や「はちみつ」を少しだけ使用するのも手です。「ラフィノース」はビフィズス菌などの腸内の善玉菌の餌になるので、腸内環境改善にも有効です。

ただし、オリゴ糖は砂糖の約半分のカロリー(一部例外もある)となり、血糖値にも影響しますので、過剰摂取は控えてください。

「はちみつ」は自然界に存在する甘味成分で、ビタミンミネラル、酵素、アミノ酸、ポリフェノールが含まれることから、少量を上手に使用してみてください。

はちみつには、ブドウ糖や果糖が含まれます。精製された砂糖よりは、はちみつは血糖値の上昇は緩やかではあるものの、摂りすぎは余りおすすめできませんので、注意しましょう。

また果糖には老化の原因となるAGE(終末糖化産物)を生成させてしまうため、多量にとってしまうのも問題があります。実はブドウ糖より果糖の方が、AGE(終末糖化産物)を多く生成させてしまうことがわかっています。

オリゴ糖やはちみつの成分表示をよく見ると「水あめ」や「ブドウ糖液糖」など余計なものが入っていたということも少なくありませんので、必ず成分表示は確認してください。

旬の果物には、食物繊維、ビタミンやミネラル、抗酸化作用のあるポリフェノールなどのフィトケミカルが豊富で、摂るのは歓迎します。

しかし、果物に含まれる果糖は、直接的には血糖値をあげないのでインスリン分泌には影響はしないものの、果糖からブドウ糖がつくりだされる(糖新生)こともあります。

果糖の摂りすぎは中性脂肪を増やすことにも繋がりますので、摂りすぎは禁物です。果糖には先述したAGE(終末糖化産物)の問題もありますので、砂糖を使ったスイーツの代わりとして少量をいただきましょう。

エンプティー(空の)カロリーと言われている砂糖は、ビタミンミネラルの大事な栄養素は含まれず、ただのカロリー(糖質)だけの食品、さらには血糖値の乱高下や腸を荒らす観点からも、避けたい食品です。

精製された砂糖ではなく、食物繊維の豊富なお野菜・イモ類からでも糖質は摂れますので、こういった食材を利用して、バランスの良い食事を心がけましょう。

少しでも参考になることがあれば、幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

作成者:松本プロフィール

※本記事の内容は、医学的治療に置き換わるものではありません。個人的にお試しになり健康被害が生じても、当院では一切責任を負えませんのでご了承ください。病態の改善に必要な食事はひとりひとり異なります。宮澤医院では、詳細な診察、検査を行った結果から個別に最適なお食事をご提案しています。


 自分の病気が改善しない、治療効果が頭打ちだ
 自分の病気の本当の原因を知りたい
 薬の副作用に苦しんでいる
 サプリメントを摂っても効いている気がしない

宮澤医院根本治療外来では、そのような方々の病気の本当の原因を探し出し、それに対する根本治療を提案しています。

受診案内はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする