非変性Ⅱ型コラーゲンサプリメントの効果

51歳女性 現病歴 2年
全身関節のギスギスした感じがなくなった

76歳女性 病歴 12年
朝のこわばり5分程度まで軽減

65歳女性 病歴 1年未満
車のハンドルが持てるようになった。旅行に行けた。
長い距離を歩けるようになった

58歳女性 病歴 4年
朝の関節痛、肩のこわばりなくなった。朝手を御湯につけなくてもよくなった。
リウマチであることを忘れられた!

55歳女性 病歴 2年
朝から物が握れるようになった。
倦怠感が減った。

68歳女性 病歴 12年
全指の動きが滑らかになった。肘が伸びるようになった
腫れが減り、可動域が広がった。こわばりの時間が短くなった

48歳女性 病歴 2年
コンサートを全部見られるようになった。
重いものが持てるようになった。
朝関節を動かすとカチカチと言うその感じが無くなった

60歳女性 病歴 15年
ベッドから起きてすぐに素足で歩けるようになった。(前は壁に伝って歩いていた)

これらは当院において行われた免疫寛容療法のモニターにおける患者様の声です。

いずれも他院にて関節リウマチと診断され、何らかの投薬治療を受けている方ばかりです。

当院では2011年にモニターテストを行い、3カ月で75%の奏効率(ヨーロッパリウマチ基準)を達成しました。

当院で行った関節リウマチ患者に対するモニターテスト

活動性リウマチ患者の方に非変性Ⅱ型コラーゲンサプリメントを3カ月摂取して頂き、その間、1カ月ごとに診察、血液検査によるモニタリングを行いました。

その結果、モニターを3カ月間完遂した方のうち75%で治療が奏功しました。(EULAR(ヨーロッパリウマチ判定基準)による)

画像の説明

画像の説明

患者様のアンケート結果(複数回答)

画像の説明

私どもはこの治療を御希望の患者様に行っています。

関節リウマチ治療の現状

関節リウマチは、慢性進行性の関節炎であり、その機序は自己免疫によると言われていますが、根本的な治療は一般には行われていません。

そのため、一般的な医療では炎症を抑えて、将来の関節変形を防ぐこと、痛みをコントロールする事が主目的となっています。

しかし、残念ながらこのような治療では、多くの場合、完治は望めず、長期的に見ると運動機能障害にもつながっています。

関節炎の進行による痛みやこわばりが歩行などの日常生活動作を困難にし、著しく生活の質を低下させてしまうのです。

症状を緩和するためにサプリメントを摂取する患者様も増えましたが、多くの場合、量を多く摂る必要があったり、それでも効果を感じられなかったりすることが多いようです。

しかし、私が治療に用いる非変性Ⅱ型コラーゲンは一般のサプリメントとは効き方が違います。

実際、今までに数多くの驚異的な症例報告がなされているのです。

非変性2型コラーゲンに関する臨床報告

ハーバード大学医学部のデビッド・トレンタム博士らは、関節リウマチに対してこの成分を用いたヒト臨床試験を数多く行い、学会や学術誌に結果を発表しています。

1
関節リウマチ患者10名に90日間、非変性Ⅱ型コラーゲンを経口投与

関節の痛みや晴れが発生する頻度や、手足の硬直、握力、15mを歩く時間などを測定した結果、10名中6名の症状が顕著に改善し、そのうち1名は完治

2
重篤な関節リウマチ患者60名に90日間、非変性Ⅱ型コラーゲンとプラセボ(偽薬)による二重盲検試験を施行した。

非変性Ⅱ型コラーゲンを投与したグループでは関節の炎症、症状の改善が見られ、そのうち4名は完治したのに対して、偽薬のグループでは症状の悪化が見られた。

3
早期の関節リウマチ患者10名に90日間、非変性Ⅱ型コラーゲンを経口投与しました。10名中8名に顕著な症状改善がみられ、特に関節炎症に対して高い改善効果が見られた。

なぜ、非変性Ⅱ型コラーゲンがこれほど関節リウマチに対して効果的なのでしょうか?

関節リウマチは免疫異常により関節周囲の関節滑膜が炎症を起こす自己免疫疾患です。

免疫異常により、関節軟骨のⅡ型コラーゲンを異物と誤って認識してしまうことで関節に炎症を起こすと考えられています。

治療に使用する非変性Ⅱ型コラーゲンは免疫活性を維持した状態で腸管に届き、認識されるという特性を持っています。

腸管には免疫の60%が集中しており、腸管免疫と全身免疫は常に連携しています。

サプリメントとして持続的に摂ることで、Ⅱ型コラーゲンは異物ではなく栄養素として再認識され、それが全身に伝わることで、関節軟骨に対するⅡ型コラーゲンへの免疫の攻撃も減っていきます。

これは花粉エキスを注射することで花粉症が治ったりするのと同じしくみで、「免疫寛容」と呼んでいます。これは従来のサプリメントとは全く異なるしくみになります。

 治療の流れ

治療期間は原則として3カ月間(最高で6か月間)です。

初回、および3カ月後にリウマチの活動性を評価するために、診察、血液、尿検査を毎月行います。

その間、90日間にわたってⅡ型コラーゲンサプリメントを摂取して頂きます。


 自分の病気が改善しない、治療効果が頭打ちだ
 自分の病気の本当の原因を知りたい
 薬の副作用に苦しんでいる
 サプリメントを摂っても効いている気がしない

宮澤医院根本治療外来では、そのような方々の病気の本当の原因を探し出し、それに対する根本治療を提案しています。

受診案内はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする