アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎は、免疫異常を伴う慢性の皮膚の炎症です。

アトピー性皮膚炎の定義表皮、なかでも角層の異常に起因する皮膚の乾燥とバリア機能異常という皮膚の生理学的
異常を伴い、多彩な非特異的刺激反応および特異的アレルギー反応が関与して生じる、
慢性に経過する炎症と掻痒をその病態とする湿疹・皮膚炎群の一疾患。
患者の多くはアトピー素因を持つ。日本皮膚科学会ガイドラインより

この疾患を根本的に治すためには、「免疫を正常化させつつ、皮膚の炎症を抑えること」が必要です。

ステロイドの問題点

アレルギー疾患の基本治療方針は、「免疫を抑制せずに炎症を抑える事」です。
残念ながらステロイドには、強い抗炎症作用とともに免疫抑制作用があります。
以下に、ステロイドの様々な問題点をあげます。

皮膚バリア機能の低下

アトピー性皮膚炎でステロイド外用剤を使用すれば炎症はおさまるが、同時に皮膚バリア機能をさらに損ない、さらなる疾患の悪化のリスクを増加させます。

ステロイド外用剤はアトピー性皮膚炎の悪化の短期的な治療薬としては重要である。
しかし、長期間、とくに感受性の強い部位に外用すると、角層を破壊し、表皮の萎縮
をきたす。
ステロイド外用剤の長期連用は敏感な部位での皮膚バリア破壊を介して、外的刺激や
アレルゲンの侵入を引き起こす。
このことは「ステロイド依存」と呼ばれるステロイド外用後のリバウンド現象の説明
になる。

J ALLERGY CLIN IMMUNOL Volume 118, Issue 1, Pages 3 (July 2006)

ステロイド離脱症候群

ステロイドは長期間使用すると副腎機能が低下します。
一般的にステロイド外用剤は、副腎疲弊を起こしにくいと言われることもありますが、上記のように外用剤でも長期使用にて出現します。

強力なステロイド外用剤を長期間皮疹部に外用した7人の患者において、全身性の副作用である「副腎皮質ステロイド離脱症候群」が生じた。全例で、この症候群の特徴である脱力・疲労感・軽度の発熱・乏尿・頻脈・胃腸および精神症状がみられた。それに加えて、浮腫性紅斑が、薬を中止した約5日後から、もともとの皮疹の範囲を超えて広範に出現した。これらの症状と、下垂体・副腎不全が7患者中5患者にみられた(※)こと、全身性ステロイド投不またはACTH投不が全例に必要であったことから、我々は、この紅斑は原疾患の悪化ではなくて、ステロイド離脱症候群にみられるリバウンドの皮膚症状であると考えた。(※ACTH負荷試験の軽度低下によって判定)香粧会誌Vol.15No.1(199

ステロイドを長期に使用している方には、副腎疲労の治療を合わせて行う必要があります。

ステロイドは効かなくなってくる

ステロイドは長期間使用により、効果はだんだん弱くなってきます。
そのため、weakからstrong,bery strongのステロイドへとだんだん処方を強くしないと効
果が保てなくなります。その理由は、2010年ハグ教授による論文の中で説明されています。
経皮ステロイドが効かないアトピー患者では、(効果に関わるグルココルチコイド受容体α
の邪魔をする)グルココルチコイド受容体βが増えているのです。

当院のアトピー治療方針

脱ステロイドできる体づくり

ステロイドは極めて効果の高い抗炎症剤なので、使うべき時にはうまく使うが、最終的には離脱しなくてはなりません。

そのためには、うまく準備をして無理のない方法が望まれます。
・「食事を変えて、体内からも炎症を抑えるようにすること」
・「副腎のケアをしてリバウンドを最小限に抑えること」
が特に重要です。
アトピー性皮膚炎は皮膚科疾患でもあり、内科疾患でもあります。
副腎疲労が改善すると、脱ステロイドの導入がより容易になります。

免疫の正常化

腸内環境改善やデトックス治療により、体本来の免疫状態を発揮できるようにします。
皮膚から異物を排泄することは、正常な免疫反応です。

食事が大切です

フィッシュオイルは魚からとれる良質の不飽和脂肪酸です。

細胞膜に取り込まれ、抗動脈硬化作用や、抗炎症作用をもつ優れた栄養素として認知されています。

フィッシュオイルの治療は、効果的がある人とない人に分かれますが、効果がない人に共通することは「食事が悪い事」です。

フィッシュオイルは細胞膜の脂肪の割合を変えることで、作用を発揮します。

ですから、いくらフィッシュオイルに含まれるEPA,DHAを多くとったとしても、炎症を引き起こすアラキドン酸を含む肉の脂を多く摂っていると効果は出ません。

食事を変えて、油を変える事がアトピーに好影響です。


 自分の病気が改善しない、治療効果が頭打ちだ
 自分の病気の本当の原因を知りたい
 薬の副作用に苦しんでいる
 サプリメントを摂っても効いている気がしない

宮澤医院根本治療外来では、そのような方々の病気の本当の原因を探し出し、それに対する根本治療を提案しています。

受診案内はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする