カンジタの原因と治療

カンジタとは?

Candida albicans 2
カンジダ症は、カンジダ属に属するイーストによる真菌感染症のことです。
人間に感染を引き起こすカンジダ属は20種類以上ありますが、その大部分はカンジダ・アルビカンスです。

カンジタは、常在菌であり、人の皮膚や粘膜の上に存在していますが、感染症状を引き起こす事はありません。

しかし、ある状況下(例えば、長期間の抗生剤、ステロイドの使用、免疫力低下、重金属蓄積状態など)においてカンジダは病原性を持つことになり、感染症を引き起こし、皮膚表面上の感染から、命に関わる全身感染症をも起こすこともあります。

カンジタの症状は、感染を起こす体の部位によって異なります。
口や喉で生じるカンジダ症は、「口腔カンジダ症」と呼ばれています。
膣のカンジダ症は、一般に「膣カンジタ症」と呼ばれます。

腸にもカンジタが住んでいる

ここで問題になるのは、「腸カンジタ症」です。

カンジタは腸内フローラの一部を形成しています。
ドイツでの研究では70%の人が腸カンジタを持っていることが判明しています。
(Robert Koch Instituts 2004)

もちろん、通常はごく少量ですので、体に大きな影響はありません。
しかし、腸内細菌バランスが崩れると増殖し、免疫を弱め、消化力を低下させるのです。

食生活の乱れやストレスなどにより良性細菌が減ってしまった腸はカンジタの絶交の住処(すみか)です。

カンジタは腸の粘膜に取りつき、敵から身を守るため、「バイオフィルム」というバリアを形成します。

カンジタが、皮膚や粘膜を通り抜け、血流に入り、体中に広がると、「全身カンジタ症」の症状が出現します。

カンジタがうつ症状を引き起こす

カンジタは、リーキーガット症候群を引き起こし、うつの治療に必要な栄養の吸収を阻害するだけでなく、カンジタ感染そのものもうつ症状を引き起こします。

カンジタの産生物であるアセトアルデヒド等が腸管から直接血中に流れ込むからです。(Ultimate Candida diet より)
うつ病治療において、カンジタ感染のチェックおよび治療は必須です。

リーキーガット症候群(LGS・腸管壁浸漏症候群)

抗生物質やピルの使用によって善玉菌が減少したり、感染・ストレス・食事の影響などにより腸管を守っているバリアが破壊され、本来なら取り込まれることのない様々な異物が体内に侵入し、炎症・アレルギー反応などを引き超す状態のこと。

カンジタチェック

あてはまるものが5こ以上あればかなりあやしいです。

  • 抗生物質を長期間、または繰り返し使用したことがある
  • 肌、鼻、副鼻腔、喉、耳、気管支、肺、膣、前立腺、尿道炎などに繰り返しかかったことがある
  • 骨髄炎、敗血症などの重症感染症にかかったことがある
  • 口腔のクリーニング、または除菌に抗生物質を使用したことがある
  • にきびの治療に抗生物質を使用したことがある
  • 理由もなくだるくなったりする
  • PMSなどのホルモン異常、生理不順、低体温、性的不能などがある
  • 砂糖、アルコール、精製された炭水化物、フルーツジュース、果物、キャンディー、人参ジュースなどの甘いものを摂る
  • 甘いものがほしくなる
  • 化学物質化敏症がある(タバコの煙、香、洗剤、排気ガス)
  • 短期記憶障害、思考の妨げがある
  • ピルやステロイドを長期間飲んでいる
  • 食べるとアレルギーが出るものがある
  • 胃もたれ、ガス、便秘、下痢などがある。下腹部が異常に出ている
  • 水虫など、爪や肌に慢性の真菌感染症がある
  • 糖尿病か低血糖症である
  • 耳、肌、髪、膣、肛門が痒い
  • 頻尿、尿漏れなどの尿路の症状がある
  • 抗真菌薬の使用で症状が軽くなったり、調子がよくなった事がある

腸カンジタは全身症状を引き起こす

カンジタは様々な種類の神経毒、代謝産物を産生し、全身症状を引き起こします。

例えばアセトアルデヒドを産生し、頭痛をもたらしますし、おなじく産生する酒石酸が体内のエネルギー回路を邪魔する事で、慢性疲労症状も引き起こします。

カンジタが増殖しコロニー形成して、コントロール不能になると全身に影響し様々な疾患を招きます。

カンジダは様々な種類の神経毒、代謝産物を産生し、全身症状の原因となりますが、
患者は感染源が自分の体内だと気づいておらず、医師もカンジタが全身疾患だと
気づいていません。

治療は下記のような局所治療のみになりがちですが、根本的治療のためには全身治療を
平行して行わなければなりません。

膣カンジタ   ⇒ 局所クリーム
口腔カンジタ ⇒ うがい薬
頭痛     ⇒ 頭痛薬
うつ       ⇒ 精神科紹介
だけでは×なのです。

カンジタの検査

宮澤医院では、カンジタを検出するために様々な検査を行っています。
全ての検査には一長一短があります。
検査の感度と得られる情報によって、検査を決めます。

便総合検査 

感度は低いですが、カンジダの培養検査が陽性に出れば、同時に抗生剤や抗菌ハーブへの
感受性を調べることができます。
また、カンジダ治療の際に有用な情報である、IgA免疫の状態、そして、リーキーガットの
指標でもある腸内炎症の程度まで知ることが出来ます。

食物アレルギー検査

グレートプレーンズ社のアレルギー検査はカンジダに対する抗体を検出できます。

有機酸検査 

カンジダのヒアルロニダーゼの活動によって、3オキソグルタル酸、酒石酸やアラビノースが生成されます。
これらの高値はカンジダの増殖を示唆するものです。

カンジタに対する治療

カンジタ菌はバイオフィルムを形成して、抗真菌薬から身を守ります。
一旦出来たバイオフィルムを破壊するのは簡単ではありません。

時間が経過しているほどバイオフィルムは強固になり、抗生物質治療抵抗性になるので、
抗生物質単体治療では難しく、様々な治療を並行して行う必要があります。

カンジタに対する総合戦略

糖分カット(カンジタの栄養源を減らす)

プロバイオティクス(PH管理、免疫上げる、細胞壁合成阻害)

抗真菌薬、真菌繊維消化酵素(細胞壁破壊)

増殖因子を抑える

カンジダの増殖因子は栄養、場所、PHの3つです。

よって、カンジダの増殖を抑制するためには、次のことが重要です。

場所を与えない ⇒ 良性菌投与
栄養を与えない ⇒ 単純糖質を避ける
PHを上げない  ⇒ 乳酸菌、胃酸、カプリル酸など

さらに、腸の炎症を抑え、腸壁をメンテナンスすることが大事です。

プロバイオティクス、抗真菌薬の投与や、炎症を起こさない食事も必要になります。

場所を与えない

治療に当たっては、乳酸菌の摂取も重要です。

乳酸菌の3つの働き

  1. 腸内のスペースを占拠
  2. 乳酸を産生し、腸内PHを調整
  3. 免疫システムをコーチする

乳酸菌が多ければそこで栄養を取られて、カンジタまでまわってこないのです

腸管内のスペースは有限であり、通常、腸壁は良性細菌で占められています。
食事由来の栄養は、良性菌のエネルギー産生、コロニーの維持に使用され、
カンジタにはほとんどまわってこないのが正常なパターンです。

つまり、場所と栄養がないので本来カンジタは増殖できないはずなのですが、
抗生物質などによってこのバランスが崩れると、良性菌減少し、カンジタが空間と栄養を
手に入れてしまい一気に増殖してしまうのです。

「 自分の病気が改善しない、治療効果が頭打ちだ 」
「 自分の病気の本当の原因を知りたい 」
「 薬の副作用に苦しんでいる 」
「 サプリメントを摂っても効いている気がしない 」

宮澤医院 根本治療外来では、そのような方々の病気の本当の原因を探し出し、それに対する根本治療を提案しています。

受診案内はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする