パニック障害

痛みや恐怖、不安に関係する神経伝達物質「ノルアドレナリン」と、興奮を抑える神経伝達物質「セロトニン」とのバランスが崩れるためと考えられています。

「ノルアドレナリン」は、「強い不安や恐怖感を伴うパニック発作」などの精神症状と、「動悸や呼吸困難、発汗、めまい」などの身体症状の両方を引き起こします。

発作自体は、通常20~30分くらいでおさまりますが、繰り返すうちに、

「また発作を起こすかもしれない」という、発作自体に対する恐怖感や不安感が生まれます。

これは、「予期不安」といわれ、この不安が発作を引き起こしやすくなる悪循環を生みます。


 自分の病気が改善しない、治療効果が頭打ちだ
 自分の病気の本当の原因を知りたい
 薬の副作用に苦しんでいる
 サプリメントを摂っても効いている気がしない

宮澤医院根本治療外来では、そのような方々の病気の本当の原因を探し出し、それに対する根本治療を提案しています。

受診案内はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする