スタッフの紹介とご挨拶

宮澤 賢史

医師 詳細はこちら

古市 ゆり

医師 詳細はこちら

蘆田 英珠

医師 詳細はこちら

森田 重文

医師 詳細はこちら

松宮 敏恵

医師 詳細はこちら

佐久間 一穂

医師 詳細はこちら

黒田 愛美

医師 詳細はこちら

松本 鈴音

管理栄養士 詳細はこちら

勤務表と受診受付はこちら

宮澤 賢史 (みやざわ けんし)

私は大学病院では一般内科および救急外来に携わる仕事をしてきました。救急外来などにくる急性疾患(怪我、風邪、盲腸)に対しては医学は万能で多くのやりがいを感じました。

しかしその反面、根本の原因を診ずに、患者さんに対して血圧をさげたり、血糖値を下げたり、頭痛薬を出したりする医療にはずっと疑問を感じてきました。

現代医学は病気の症状に対して対処しますが、多くの場合根本原因を治す事はしません。
患者の全般的な健康状態を改善することにはほとんど役に立ちません。

2001年にビタミンやミネラル等の天然物を治療に使う方法を教えて頂く機会に恵まれました。
病気の治療、予防に天然物を使用する方法は医大の講義や病院での研修中にも殆ど聞いたことがありませんでした。

一般の医療では、栄養欠損を見るための訓練はほとんど行われていませので、このサプリメントを使った医療は、劇的な効果を示しました。しかし、全ての原因不明疾患がサプリメントの投与で治るほど甘くはありません。

代謝(体内の化学反応)は栄養によって動いています。慢性疾患を起こしている人は、どこかで代謝が止まっています。その止まっているポイントをみつけ、原因を解除すれば体は自動的に回復していきます。

腸内環境を改善したり、重金属や化学物質を取り除いたり、ストレスを調整したり、隠れている炎症を治療したり。この治療は適切に行えば副作用なく病気を完治させることができます。

私はこの方法を使い、貴方がいかにより充実して暮らせるようにするか、また自分の価値観をもてるかを、いろいろな角度からお手伝いしたいと思っています。そんな事ができれば医師としてこれ以上の幸せはありません。

プロフィール

医師・医学博士

平成 7年  東京医科大学医学部卒
平成11年 東京医科大学大学院卒
平成12年 栄養療法を開始
平成19年 NPO法人高濃度ビタミンC点滴療法学会設立
平成24年 分子栄養学実践講座主宰
平成26年 医科歯科連携診療普及協会 理事長
平成27年 臨床分子栄養学研究会   理事長

問診事項と多くの血液、尿、唾液検査などにより疾患の原因を追究し、その原因に対する根本治療を行っている。

2004年から栄養療法を開始 ライナスポーリング博士の提唱する分子整合栄養医学を医療に取り入れた観点からの医療を展開する。がんから糖尿病、リウマチ、精神疾患まで扱う範囲は幅広く、患者数は5000人を超える。

2004年からビタミンC静脈注射治療を開始、現在までのべ10000例以上を経験。

現在、治療の傍らで、

  • NPO法人高濃度ビタミンC点滴療法学会 理事
  • 分子栄養学実践講座           主宰
  • 医科歯科連携診療普及協会        会長

を兼任。

セミナー、学術集会、勉強会を開催し、根本原因の見つけ方、アプローチ法について啓蒙活動を続けている。

古市 ゆり (ふるいち ゆり)

大学病院では、全身を診ることができる内科医を目指し、腎臓特異的な疾患だけでなく、生活習慣病とその合併症の治療に携わってきました。急性期、慢性期、様々な患者様の治療に携わることができ、やりがいも感じていました。

しかし、私がそれまで従来の医学の常識にとらわれていたために見ないふりをしてきた、患者さんの痛みや悩みに真摯に向き合える分子整合栄養医学と宮澤メソッドに出会ったことで、改めて患者さんのための医療を実践する喜びを感じることができました。今ではその喜びが日々の診療に取り組む原動力となっています。

どんな症状でもご相談ください。その症状の本当の原因を探し出すお手伝いをいたします。

プロフィール

医師
平成22年 東京医科大学医学部卒業、東京医科大学病院勤務
平成24年 東京医科大学病院 腎臓内科勤務
平成27年 宮澤医院勤務

日本内科学会 認定内科医
日本腎臓学会会員
日本透析医学会会員
日本抗加齢医学会会員
日本東洋医学会会員

蘆田 英珠 (あしだ えいじゅ)

今の時代は情報が溢れています。正しいものも、間違っているものもあります。
正しいけど、今のあなたには合わない情報もあります。それをどうやって見分けますか?
多くのプロから集めた情報を体系化して、みなさんに届ける事が私の仕事だと思っています。是非、一度ご相談にいらしてください。

私は美容皮膚科医として10年以上、多くの人の肌を診てきました。外からのアプローチだけで治る患者さんもいました。しかし、それだけでは治らない患者さんも多くいました。5年前に分子栄養学と出会い、治療の選択肢が増えました。

例えば肌のトラブルで、外用薬、レーザー、ピーリング。色々やったけど、治らない人は、体の中に目を向けてみるのもいいかもしれません。治るけど、また元に戻るという人も、原因は生活習慣にあるかもしれません。健康(体も心も肌も)がないと、綺麗にはなれません。
まずは、健康をキープできるチカラ(正しい知識と習慣)を付けましょう。

プロフィール

医師
平成16年 東京慈恵会医科大学卒業
慈恵医大付属病院で初期臨床研修、東京逓信病院で研究生として皮膚科学を学ぶ
平成20年より北里研究所病院美容医学センターでスキンケア外来を行う。平成26年より分子栄養学を学び、内側からの治療にも積極的に取り組む。

森田 重文(もりた しげふみ)

消化器内科指導医、分子栄養学指導医の2つの顔を持つ。

時には診療時間の枠を超えるほどの熱心な指導に定評がある。

プロフィール

臨床分子栄養医学研究会 認定指導医

獨協医科大学卒、医学博士
前東京医科大学消化器内科助教
日本消化器内視鏡学会認定指導医・消化器内視鏡専門医
日本消化器病学会認定消化器病専門医
日本抗加齢医学会認定抗加齢医学専門医
日本内科学会認定内科医
日本医師会認定産業医・健康スポーツ医

松宮敏恵 (まつみや としえ)

美容治療をいくらやっていても、体内にコラーゲンなどの材料がないと効率的でありません。また、なんとなく疲れる、ダイエットがうまくいかない、などは外からのアプローチだけでは解決するのが難しいです。分子栄養医学的な観点から、見た目だけではなく、内面からのアプローチも行っております。栄養分析をすることで、メディカルスパをはじめ食事指導及び本当に必要なサプリメントのご提案をいたします。歳だからと諦めることなく、活力に溢れ生き生きとした毎日を過ごせるお手伝いをいたします。

プロフィール

医師
臨床分子栄養医学研究会認定医

昭和大学医学部 卒業
2006〜2009 昭和大学リハビリテーション科助教
2011〜現在 昭和大学藤が丘病院形成外科所属
日本形成外科学会認定専門医
日本リハビリテーション科学会認定専門医
日本抗加齢学会認定専門医
日本形成外科学会会員
日本抗加齢学会会員

医学部卒業後リハビリテーション科で多くの寝たきり患者や高齢者の治療を受け持つ。その後形成外科で手術症例を重ね、同じように手術をしても治りが人によって違うことから栄養学に興味を持つ。抗加齢学会で分子栄養医学に出会い、全ての臨床との関連があることに気づきのめりこむ。
現在、アンチエイジングと栄養、美容・ダイエットと栄養の関係、女性特有の症状(PMSなど)と栄養の関係に重点を置き栄養外来を行っている。外からでなく、栄養を改善することによる内側からの美容にも力をいれている。

佐久間 一穂 (さくま かずほ)

私は心療内科(心身医学科)を専門に長年診療を行ってきました。

心療内科には、他科で診察や検査を受けても原因がわからず、そのため治療にも難渋し受診される方々がたくさん来られます。
そのことへ対して、身体のみならずメンタルな問題も
考慮しながら診療を重ねてきました。
しかし、従来の医療では十分に原因がわからず、治療に手をこまねくことが多々あり、東洋医学(漢方医療)、温熱療法などを取り入れるなどしてきました。それでもはかばかしくないことがあり悩んでいる中で、これまでよりも病気の本来の原因や治療を深く追求できる分子整合(栄養)医療(分子生物学や生化学や栄養学をもとにした医療)、酵素栄養学、アンチエイジング医療などに出会いました。心身医学の全人的医療の考え方に、これらの新たな医療スタイルを診療に取り入れて、これまでの悩みを少しでも解決し、皆さまのお役に立てればと考えております。

また、受診される皆さま(時に、ご家族の方々)へのお願いですが、私たち医師はあくまでも専門のアドバイザーであり、それを実践されるのはご自身であるということ、本当の健康を手に入れるためには「自分自身が本当の主治医」であることをご理解下さい。自ら考え方やライフスタイルを振り返り、自分を変える強い気持ちを持ち続けることがとても大切です。本当の健康を取り戻し、人生への考え方(生き方)が変わった方々もたくさんいらっしゃいます。私たちは、それを達成するために皆さまの考え方を共有し、治療に伴走し、良きアドバイスを継続いたします。このことを十分にご理解頂く事が、治療の効果、成否にしばしば影響をもたらしますので、よろしくお願いいたします。


プロフィール

医師
臨床分子栄養医学研究会認定医

昭和59年秋田大学医学部卒業
東北大学医学部消化器内科、東邦大学医学部心身医学科、聖路加国際病院心療内科医員・緩和ケア科副医長、横浜相原病院心療内科医長を経て、現在はミチワクリニックにて、ストレスによる心身の調節機能の歪みから生じる病態に焦点をあて、身体や心の病気を中心に内科的または精神科的な病気の治療を行っている。

日本心身医学会認定医
日本精神神経学会専門医
日本抗加齢医学会会員
日本
医師会認定産業医

黒田 愛美 (くろだ あいみ)

もともとは「美容外科」という「外からの美と健康」のスペシャリストであった私ですが、私自身「外から」何かをすることよりも「中から」変えていく、ということに興味があり、食事も運動も気を使う健康マニアでありました。
更に趣味のトライアスロンをしていく中でより自分の体調を気にするようになり予防医学、分子栄養学などの勉強を始めました。
食べるものや生活習慣、また摂取するサプリメント等でこれほど変わるなんて・・・・
少しでも多くの方が私のように体質の改善を実感できたら幸いです。

プロフィール

医師

獨協医科大学医学部卒業
2003-2007東京女子医大、乳腺内分泌外科、麻酔科
2007~大手美容外科皮膚科勤務。
2011~大手美容皮膚科院長
を経て現在に至る。

日本美容外科学会専門医
麻酔科標傍医
麻酔科認定医
キレーション認定医
「アラガン・ジャパン」メディカルアドバイザー(注入指導医)
日本麻酔科学会会員
日本美容外科学会会員
日本美容皮膚科学会会員
日本抗加齢医学会会員
点滴療法学会マスター会員
臨床水素研究会会員

執筆記事

松本 鈴音 (まつもと すずね)

はじめまして。
宮澤医院の管理栄養士、松本鈴音と申します。この度、栄養カウンセラーとして勤務することになりました。
私は栄養専攻の短大を卒業後、サプリメントの会社にて、カウンセリング販売や栄養指導の仕事をして参りました。社会人になってから、ストレスフルな生活を続けていく中で、アトピーになってしまい、キレイに治したい一心で、様々な情報をかき集め、そこで『分子整合栄養学』というものに出会いました。高品質で高含有量のビタミンとミネラル(主には、ビタミンB群・ビオチン・亜鉛)を試してみたところ、すっかり綺麗に治ってしまったのです。(今考えると、血液検査はせずに、自分なりにやっていた為、正しい栄養療法とは言えませんね。。。)
また職場の先輩の鬱病をきっかけに、更に栄養療法を学びたいという思いになっていきました。
現在、分子整合栄養学を学び始め、奥の深さにのめり込んでおります。なによりも患者さんのお役に立てるカウンセリングをする事が、私の役目です。栄養素で根本的に体調を治したい方は是非ご相談くださいませ。お待ちしております。

♣作成記事はこちら♣
グルテンフリーの食事療法
カゼインフリーの食事療法
砂糖と人工甘味料の話
油の話

プロフィール

管理栄養士
日本臨床栄養協会 NR・サプリメントアドバイザー

武蔵丘短期大学卒業、栄養士免許取得
株式会社DHC勤務 / ビタミンショップ勤務
サプリメント販売、栄養指導を行う
その後、特定健診・特定保健指導の業務に携わりながら、
管理栄養士免許を取得する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする