治療方針

病気の根本原因を見つけ出します

「人間が病気になるのは、身体の正常な機能に必要な分子が足りないからであって、自然にない分子が足りないからではない。身体のどこかの調子が悪くなった時は、その原因を探さなければ何も始まらない。」

自然療法医 ジョナサン・ライト

人間は素晴らしい自然治癒力を持っていますが、様々な要因で働かなくなります。
それを徹底的な問診と、様々な検査によって究明するのが第一歩です。

通常検査が行われない様々な病気の原因

  • ビタミン不足
  • ミネラルアンバランス
  • 重金属の蓄積
  • 遅延型食物アレルギー
  • ホルモンアンバランス
  • 腸内環境悪化(腸内細菌バランス不全)
  • 血糖調節障害

まず必要なのは徹底的に根本原因を究明することです。
これが無駄な治療、時間やお金を節約することになります。

根本原因を見つけることの重要性

例えば、現在の精神科治療の一番の問題点は、「症状を引き起こしている原因には目もくれずに、症状によって診断を下し、対症療法に甘んじている」ことです。

脳は様々な身体状況の影響を受けやすい臓器です。

  • 甲状腺機能低下
  • 腸内環境異常
  • 副腎疲労
  • 慢性疲労症候群

これらの病態はすべてうつ症状を引き起こします。

確かに、時には症状がシビアなときには薬も必要です。
精神栄養療法の権威、エイブラハム・ホッファー先生も「薬なしでは治療はできない」と述べています。

しかし、殆どの病院では原因にアプローチすることなく、対症療法のみが行われています。
これでは本当に治療をしているとはいえないでしょう。

脳は様々な影響の出口としてわかりやすい症状を呈します。
だから、本当の原因が別にある多くの患者さんが、精神科行きになってしまっています。
これは本当に危険なことです。

原因がわからなければ治療はできない

  • 今出ている精神症状の原因はなんなのか?
  • 栄養不足から来ているのか
  • それとも感染が原因なのか?
  • それとも邪魔をしている要素があるのか?

根本原因をみつけなくては、治療はできません。
原因がわからない人間に治療ができるわけがないです。

原因にアプローチしないということは、単に何の解決にもならないだけではありません。
症状だけが隠されたら、原因をもっと放っておかれることになります。
未治療の根本原因はどんどん悪化していきます。

病気の根本に薬を使わないアプローチを行います

薬による治療で死亡する患者の数は年間約10万6000人

2000年7月26日 アメリカ医学協会ジャーナル

自然なアプローチはしばしば、「異端児」的な、不当な扱いを受けますが、実際には薬を使用した治療は非常に過激で、危険を伴います。15年たった今も現状はほとんど変わっていません。

当院は治療に薬を最低限しか使いません

当院では、分子整合栄養医学を中心に多くの自然な医療を組みあわせて行っています。

血液検査にて不足栄養素を同定し、ビタミンなどの治療用栄養素を十分量摂取することで分子の働きを正常化させ、疾患の治療・予防を行います。

この治療は薬に比べたら殆ど副作用がありません

患者さんとの協議を大切にしています

当院では患者様とのディスカッションを大切にしています。なぜならば、貴方のもつ、ライフスタイルや考え方によって治療方法は全く異なったものになるからです。

特に初診時には1時間程度時間を割いています。最初に方向性をきちんとしておかないと、あとで取り返しのつかないことになるからです。

まずは今までの経過、現在の状況、今後の方針についてのご希望、その他何でもお話し下さい。

病気でなく患者さん全体を診ます

人にはそれぞれ歴史があります。どのような生活習慣、食習慣を持ち、どんな薬や毒物に晒され、どんなストレス源があるのか。

それをお聞きし、診断や治療に役立てるのが私たちの仕事です。

食事は医療そのものです

ヒポクラテスの時代から医と食は密接にかかわるものと言われてきました。食の安全性、品質、アレルギー、血糖値への影響、グルメ欲求など様々な要因によって貴方の食べるものが決定します。

それらを踏まえ、食事の楽しみと医療を両立できるようにアドバイスを致します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする