行っている検査

宮澤医院では根本原因を見つけるための様々なバイオロジカル検査を行っています。

結果の解釈の重要性

根本原因を見つけるために、適切な検査を行うことは言うまでもありませんが、検査結果を的確に解釈することも同じく非常に重要です。

検査をしたものの、結果の解釈が不十分だったり、間違ったりしているために病気が治らないというケースが多くあります。

非常に多いのは以下の場合です。

  • 食物アレルギー検査で食物制限のみを行っている。

⇒ 原因を放置して、症状の軽減のみを行う治療です。

食物アレルギーを引き起こしているリーキーガットの原因を探りましょう。

  • 毛髪検査で重金属が排泄されないので問題ない。

⇒ 重金属の排泄障害がある人が最重症です。

  • 血液検査で足りない栄養を摂れば治っていく。

⇒ 血液検査でわかる栄養状態はほんの一部です。
(但し、血液検査から身体状況を推理していくのは非常に重要な診断のプロセスです)
検査結果だけを見てサプリメント処方をするのは問題外ですが、

・重金属の入っている量を推定して、その量に見合った排泄量があるのか?

・食物アレルギーを起こしている原因はなんなのか?

など、より根本原因を探ること、そして全体のバランスをみて治療に結びつけること、また原因が複数ある場合、治療の順番をいかに組み立てるかなどが、治療の効果を最大限にし、副作用を最小にするために大きく関わってきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする