有機酸検査

有機酸検査

有機酸検査は、朝一番の尿を摂るだけで74項目もの様々な栄養と代謝のプロフィールを見ることができるという非常に優れた検査です。

しかし、検査項目が多く複雑で、検査結果のガイドを見ても簡単に理解することが難しい検査でもあります。

この検査は、「腸を見ることができる尿検査」と理解するのがよいでしょう。

時には便検査よりも腸の状況を的確に判断できるのです。

腸と脳は非常に強いつながりを持っていますので、私はほとんどの患者さんに便検査を行っているのですが、なかなか疲れがとれない方に、この検査を行っています。

もともと自閉症児に対する検査です

有機酸検査といっても、新生児のスクリーニングで行われる稀な病気に対する検査ではありません。

米国疾患コントロールセンターで自閉症、精神疾患についての研究を行っていたウイリアム・ショー博士が自らの経験をもとに独自に作り出したものです。

先月に行われた講演で彼はこういっていました。

「 自閉症の子供において、尿中で上昇しているもののほとんどは微生物に関連していることがわかった。

多くの医師は、自閉症は遺伝子由来だと主張したが、私は反対に、遺伝子に依存しない原因がここにあると確信し、この研究を続けた。 」

彼は特に腸内微生物と尿中に出てくる代謝産物の関係について、様々な論文を発表しています。

そして、その集大成として、グレートプレーンズ研究所を設立し、有機酸検査を作り上げたのです。

有機酸検査の仕組み

ところで、なぜ尿検査をすることで腸内の状態がわかるのでしょうか?
そこがこの検査の重要な点です。

尿検査と言っても、尿を培養するのではありません。
腸に住んでいる酵母菌の産生物を見ているのです。

この産生物は分子量が小さいため、正常の消化管でもある程度は吸収され、門脈から肝臓、腎臓を経由して、尿細管から排出されます。
だから尿検査をすることで消化管で何が起きているかを間接的に見ることができるのです。

抗生剤を使えば、酵母菌が増え、善玉菌が減り、酵母菌が産生する物質も増加します。
よってアラビノース、酒石酸の産生量はカンジタ症の間接的なマーカーとなります。

また、多くの精神疾患で脳内のドーパミンレベルが高いことが報告されています。

過剰のドーパミンは神経細胞を傷つけることは有名です。
ノルエピネフリンに転換されなければなりません。
それを見るのが有機酸検査のHVA/VMA比率です。

ノルエピネフリン不足に対して、単純に材料のフェニルアラニンやチロシンをサプリメントで追加しても解決にならない事が多いですが、それはドーパミン→エピネフリンの変換が妨げられているからです。

これが妨げられる原因は、銅やビタミンC不足、そして腸内のクロストリジウムです。

このように腸内細菌と神経伝達物質は密接に影響し合っているのですが、クロストリジウムと神経伝達物質、ビタミンC不足をすべて網羅している検査というのは、この有機酸検査をおいて他にはありません。

このように、有機酸検査というものは、全ての検査項目が有機的につながりをもつように、設計されています。

ち密に計算されつくした検査です

そうなんです。

有機酸検査は、ショー博士が研究の末に、脳と腸で何が起こっているかがわかるように必要な検査項目を全て組み入れた総合検査です。

この検査でここが上昇していたら、次はここを見る、というようにすべてがつながっており、そのつながりを辿っていくことで、患者さんのストーリーが語れるようになっているんです!

それだけではありません。

・精神疾患の原因として大変重要なミトコンドリア機能障害の評価もできます。

・ドーパミン過剰によって産生される酸化ストレスマーカーとして、グルタチオンのレベルもわかります。

・新生児スクリーニングでも行われるアミノ酸代謝異常もカバーしています。

つまり、ショー博士が自分の研究の集大成として全てを詰め込んでいるんです。

検査からストーリーを読み取れるようになれば、こんなにお得な検査は他にありません。

精神を患っている方はもちろん、慢性疲労の方、慢性腸疾患を持っている方にも是非一度受けて頂きたい検査です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする