スタッフの紹介とご挨拶

宮澤医院へのご予約はこちら

宮澤 賢史

医師 詳細はこちら

森田 重文

医師 詳細はこちら

松本 鈴音

管理栄養士 詳細はこちら

原田 ゆかり

管理栄養士 詳細はこちら

宮澤 賢史 (みやざわ けんし)

私は大学病院では一般内科および救急外来に携わる仕事をしてきました。救急外来などにくる急性疾患(怪我、風邪、盲腸)に対しては医学は万能で多くのやりがいを感じました。

しかしその反面、根本の原因を診ずに、患者さんに対して血圧をさげたり、血糖値を下げたり、頭痛薬を出したりする医療にはずっと疑問を感じてきました。

現代医学は病気の症状に対して対処しますが、多くの場合根本原因を治す事はしません。
患者の全般的な健康状態を改善することにはほとんど役に立ちません。

2001年にビタミンやミネラル等の天然物を治療に使う方法を教えて頂く機会に恵まれました。
病気の治療、予防に天然物を使用する方法は医大の講義や病院での研修中にも殆ど聞いたことがありませんでした。

一般の医療では、栄養欠損を見るための訓練はほとんど行われていませので、このサプリメントを使った医療は、劇的な効果を示しました。しかし、全ての原因不明疾患がサプリメントの投与で治るほど甘くはありません。

代謝(体内の化学反応)は栄養によって動いています。慢性疾患を起こしている人は、どこかで代謝が止まっています。その止まっているポイントをみつけ、原因を解除すれば体は自動的に回復していきます。

腸内環境を改善したり、重金属や化学物質を取り除いたり、ストレスを調整したり、隠れている炎症を治療したり。この治療は適切に行えば副作用なく病気を完治させることができます。

私はこの方法を使い、貴方がいかにより充実して暮らせるようにするか、また自分の価値観をもてるかを、いろいろな角度からお手伝いしたいと思っています。そんな事ができれば医師としてこれ以上の幸せはありません。

プロフィール

医師・医学博士

平成 7年  東京医科大学医学部卒
平成11年 東京医科大学大学院卒
平成12年 栄養療法を開始
平成19年 NPO法人高濃度ビタミンC点滴療法学会設立
平成24年 分子栄養学実践講座主宰
平成26年 医科歯科連携診療普及協会 理事長
平成27年 臨床分子栄養学研究会   理事長

問診事項と多くの血液、尿、唾液検査などにより疾患の原因を追究し、その原因に対する根本治療を行っている。

2004年から栄養療法を開始 ライナスポーリング博士の提唱する分子整合栄養医学を医療に取り入れた観点からの医療を展開する。がんから糖尿病、リウマチ、精神疾患まで扱う範囲は幅広く、患者数は20,000人を超える。

2004年からビタミンC静脈注射治療を開始、現在までのべ10,000例以上を経験。

現在、治療の傍らで、

  • NPO法人高濃度ビタミンC点滴療法学会 理事
  • 分子栄養学実践講座           主宰
  • 医科歯科連携診療普及協会        会長

を兼任。

セミナー、学術集会、勉強会を開催し、根本原因の見つけ方、アプローチ法について啓蒙活動を続けている。

取材・講演のご依頼はこちらよりお願いします。

森田 重文(もりた しげふみ)

消化器内科指導医、分子栄養学指導医の2つの顔を持つ。

時には診療時間の枠を超えるほどの熱心な指導に定評がある。

プロフィール

臨床分子栄養医学研究会 認定指導医

獨協医科大学卒、医学博士
前東京医科大学消化器内科助教
日本消化器内視鏡学会認定指導医・消化器内視鏡専門医
日本消化器病学会認定消化器病専門医
日本抗加齢医学会認定抗加齢医学専門医
日本内科学会認定内科医
日本医師会認定産業医・健康スポーツ医

松本 鈴音 (まつもと すずね)

管理栄養士
日本臨床栄養協会 NR・サプリメントアドバイザー


栄養専攻の短大を卒業後、サプリメントの会社にて、カウンセリング販売や栄養指導の仕事をして参りました。

社会人になってから、ストレスフルな生活を続けていく中で、アトピーになってしまいました。キレイに治したい一心で、様々な情報をかき集め、そこで「分子整合栄養学」というものに出会い、食生活の改善とサプリメントを服用することですっかり綺麗に治った経験があり、さらに勉強していきたいと思うようになりました。

現在は、患者さんの食事指導に携わりながら、分子栄養学の基礎セミナーも行っています。

栄養素には個体差があり「万人に合う食事法はありません」。
個人のバックグラウンド、ライフスタイル、嗜好、病態に応じて患者さんに寄り添った食事のお話しができるように心がけています。

【無料メルマガ配信】食事講座はじめました
宮澤医院で食事指導をしています管理栄養士の松本です。 分子栄養学に基づいた食事のお話しをメルマガ配信しています。 受講は無料です。 ...

♣作成記事はこちら♣
グルテンフリーの食事療法
カゼインフリーの食事療法
砂糖と人工甘味料の話
トランス脂肪酸と良い油の見分け方
発達障害のお子様の食事
カンジタ除菌中の食事
リーキーガット症候群(腸もれ症候群)の食事
腸内フローラと水溶性食物繊維について
子宮内膜症や婦人科系疾患対策の食事
カフェインの話
過敏性腸症候群、腸内環境異常の食事

原田 ゆかり(はらだ ゆかり)

管理栄養士

発酵ライフ推進協会 認定講師

大学卒業後、栄養士・栄養教諭の道を志し、小学校勤務を経て、分子栄養学に出会いました。
栄養療法によって、10代から続いた摂食障害・疲労感を完治させ、

自分自身の体調不良を克服したことにより、人生も変わり、栄養素がもつ底力を改めて実感。
クリニックでは、「おいしく、楽しく!」をモットーに患者様のライフスタイルに合った食事の提案を行っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする